#Travel →↓◇存在の耐えられない軽さ◇↑←

97f2f017

By : Milan Kundera

ユーゴの記録は日本に帰ってから記します。
とりあえず、一睡もしなかった勢いで今の記憶を、記録。

英題”THE UNBEARABLE LIGHTNESS OF BEING〝

救援物資の中で唯一の恋愛小説であります。
といっても、僕にとってはちっとも恋愛小説ではありませんでした。
哲学的恋愛小説って感じです。

存在の耐えられない軽さ。

存在の、耐えられない軽さ、ってことです。
この日本語、とてつもなく魅力的だと思うのですが。

高校生のときにWOWWOWで垂れ流しになっている映画版を見た。
ジュリエットビノシュがやたら可愛かったのと
エロチックな映画だったということしか覚えていません。

というのも、半分眠りながら、少しの性的好奇心に誘われて
そして今よりもはるかに青二才なぼくには到底理解できないものでありました。

しかし小説を読むと格段とこのストーリーの持つ「重さ」にやられました。

ロシア占拠後のチェコにおける共産主義体制化の人間模様が、恋愛劇とともに
そして著者の哲学的考察とともに読み手に重くのしかかります。

もしかしたらチェコに行くかなーなんて思って救援物資のリストに入れたのですが
これはこの旅の中でもっともぼくの集中力を投入する本となりました。

クライマックスの著者の愛に対する考察は完全に哲学書そのものです。

さて

昨晩はテサロニキからアテネに向かう列車の中でこの本に読みふけりました。

ぼくは’目が悪くなる予定’なだけであって目は至って健康であります。
しかし幼少のころから眼球が異常に疲労を感じやすいという持病を患っております。

かつて姉が”眼球を取り出して洗浄したい”との名言を残しておりましたが
これはまさにこの持病を背負ったぼくの気持ちを代弁しています。

明朝、高校時代のベランダ仲間であり、日本の煙を分けることに共に挑んだ
ぼくの大事な友人がこのバルカンの南はアテナイの土を踏みます。

このやんちゃなちょんまげ男は未来のぼくの家を設計する建築家であり
ぼくと絶妙な点と線のハーモニーを織り成すかけがえのないピースな
(近年立つピースの傾向有)な男であります。

この男の名は「匠吾」。
この旅の一人目の相棒「拓人」はパイオニア、
二人目の「匠吾」はものづくりの匠としての定めを名前に内包しています。

負けじとぼくも広辞苑で「聖」の意を引いたところ
”あらゆる知徳に長けていること”とありました。きよさん、知ってた??

名前に負けるもんかと昨晩は眼の疲労のピークを越え、麻痺状態、
一種のナチュラルハイに自ら陶酔しながら、この官能的哲学小説を読破しました。

とはいうものの、そもそも眠くなかったのは事実であります。
ぼくは昔から待つことが苦手です。楽しみを伴うことを待つのは、特に。

楽しみを待つ時間に、眠れなんてしません。

韓国留学の前に大学のクラスの友達と富士急ハイランドへ一泊二日の遠征の前夜、
あまりに楽しみすぎて翌日に3時間のドライブが控えているにもかかわらず
寝床につけなかったほどです。ねぇ蒲生ちゃん。

とまぁ、昨晩は明日に控える友人との再会に胸が膨らみすぎてオメメぱっちりだったわけです。

そのアダが、アダが、今きて、、

所有が時にぼくにしがらみを感じさせることがある。
同様に友人や愛する人の「存在」がぼくを苦しませることがある。

それは実は、重くて苦しんでいるのではなく
自分の価値においては耐えられないほど、軽いからなのかもしれない。

なんてことを考えました。
ちょっと、今までにない読後感に当惑しています。

とにもかくにも、明日からは点と線で螺旋巻きまくります。
エーゲ海で二人で渦巻いてきます。

5 Comments

  1. satomi

    なんで日本にいるかもって知ってんの。
    不気味。
    実はあと2時間後の便で帰ります。
    相方は日本?会えたらいいな。

    誰かに会いたい。

    今日のエーゲのはいつにも増してぐるぐるだねぇ。

  2. えいせい

    私も去年その本のタイトルに惹かれ読んだ。旅を終えたきむと又語りたいな。いつ帰ってくるの?

  3. sokpong

    oreha kasyugarude me yarareta…
    ima contakuto tukerarene—-
    me kiwotukero. urayamasii

  4. きよ

    もちろん!聖っていう文字の意味を知っていたよ。俺も家庭教師中に暇すぎて、電子辞書で調べたことあるからね。名前に負けない人となる。

    俺もぶるぶるするような読書をしたい。くやしー

    最近は聖源との旅行のためにひったすらアルバイトの日々だよー

  5. Sung

    >さとみ
    あれまぁ、日本にいたのか!?
    今日帰りました。。長いこと会ってないねぇ
    日本寒い。。

    >えいせい
    語ろうぜ またドライブすっかー

    >そっぽん
    おまえ今年もまた中国か?
    新しい女に出会わないようになw

    >きよさん
    どこいこっかー 興奮興奮
    本とカメラだけで出かけよー

コメントを残す