‡記録‡vol.7 Photo vol.88

べー

べー


ひとつ。
シゴトから逃げようとしているせいか、
つくづくぼくはビジネスには向かない人だなぁと思う。
「ぼくはもともとはこの畑の人間じゃないんですよ」
なんてことを言う人ほど、その畑で力を発揮しそうな気はするんだが
(なぜならそれこそが新しい価値を生み出す事が出来るはずだから)
でもやっぱりやりたいことをやっている人が
なによりも強いような気もしてきた。

ふたつ。
「ぼくは実は人間臭いのが好きなんです」
なんてたまにぼくは言いますが
人間臭いとうのはどういうことなんでしょう。
こう、義理人情に熱いとかで
 A.「いや、いいでしょこれくらいマケたるよ」
なのか、人間こそ実はえげつなくて
 B.「やっぱり生きていくにはカネ必要だからね、
   しっかりカネむしりとりますよ」
一生懸命に生きている人を見ると、Bの方がよっぽど人間臭い気もしてきた。
人間クサさとは一体なんでしょう。
人生は楽だ、と考える人はAで、人生は苦だ、と考える人はBですかね。

みっつ。
ようやく先日、写真が好きな先輩と出会い写真談義に花を咲かせ
夜更けまで語り合った。そんでもって次の日に語り明かした先輩は
森達也が大好きなドキュメンタリーバカの先輩だった。
表現と関わっていたいぼくの気持ちは何も変わる事なく
自分の中に生き続けていると確認した。よかったよかった。
そう簡単に変わるもんかい。

よっつ。
もやもやと考えをめぐらすのもいい加減やめるべきなんだろうけど
ブログのタイトルからしてこんな感じだからひたすら悶々とするしかない。
夏入り口の湿った生温い風に吹かれながら、
なんか自分の心の温度もこれくらい湿っけてて、生温いなぁなんて思う。

昔のブログを完全削除したら、昔の写真とのリンクが切れちゃった。
時間ある時に、整理しないと。
思い出食いながら生きつなぐ。えっさ。えっさ。

こうしてる間にまた新しく、生温い思い出が増えた。
人生容赦なくいろんなことが降り掛かってくらぁ。やめられん。べー。

2 Comments

  1. 247

    なくなっちゃう感傷に浸る暇もなく、海外ではすぐこういうのができちゃうんだなぁ。
    http://www.poladroid.net/
    BBQで久しぶりに会えるの楽しみにしてるわ!

  2. Sung

    というわけで、BBQで会っちゃいましたね潮 ちょっと今度はもう少し落ちついた感じで会いま潮

コメントを残す