‡記録 ‡vol.38 アンジェリーナジョリーと春日局と、ぼくの父

米国の有名女優アンジェリーナジョリーさんが乳房を切除したニュースが
ワケあって先週からずっと気になり続けている。

先に言っておくと、ぼくが乳房が好きだから、とかそういう理由ではない。(実際、興味関心は強い)
本当にそういう冗談ではなく、人間の生き方についてすごく考えさせられると思ったからだ。

死生観について。

アンジェリーナさんは自分の母親を若くして乳ガンで亡くし
自身の乳ガン発症率もかなり高いと診断されたことを受けて
「コントロール可能なリスクなら、自分でコントロールしよう」
という考えのもと、医師と相談し考え抜いた結果、乳房を摘出する決断をしたという。
メディアやたくさんの人が意見しているように、すごく勇気のある決断だと思う。

NYtimes : My Medical Choice

自分の死のリスクについてそれほどまでに深刻な局面に経ったことのないぼくが
正直に感じたことは「そこまでするのか」だった。
どちらかといえば、医学の力でそこまで手を加えていくというのは
倫理的にもいかがなものなんだろうか、という考えが紙面を見た時に浮かんだ自分がいた。
西洋医学の恩恵に預かりながらも、どこまでが人間として許される部分なのか、疑問を感じる自分がいた。

こんな話をしていたら、大切な人から 春日局(かすがのつぼね)の逸話を聞かされた。
春日局は徳川三代将軍家光の乳母で、家光の病が回復することを願って
自身が重い病を患った病床においてでさえ、家光が渡した薬を枕元にわざとこぼしていたという。
俗にこれは”薬断ち”と言われるそうで、まじないというか願掛けというか
何かをなすために自分が何かを経って成就させるという、日本の民間信仰の一つらしい。

春日局 薬断ち

この逸話、感覚的に、わかる。日本に住んでいるから。というか韓国でも同じく。
どことなく循環する何か、生命、自然、そういうものを信じているから願って何かを犠牲にする、というか。
きっとこれは前近代的なのだろうけど、そこに逸話としての面白さを感じるだけでなく
今の世の中は霊的な力とか超自然的な力が足りないんじゃないかと感じている
最近の自分の心を揺さぶる話だった。どことなく自然破壊や原発の事を連想させるような
何か人間が手を加えては行けない神なる領域にまで手を出しているんじゃないか?
という、自分自身が最近抱いている猜疑心にリンクする何かがあった。

そんなアンジェリーナさんの話と春日局さんの話を頭の中で混ぜこぜにしながら
西洋的なものと東洋的なものとの考え方の違いってのは、、、まったくもう、、、とか
そういえばスティーブジョブズが鏡の前で
「明日、自分が死ぬと想ったら」と言い聞かせて毎日をスタートする話を知った時も
実は一定の疑問を感じていたなぁとか、これは話が逸れるので、ここではやめておこう。
と、短絡的にまた二元的にモノゴトの違いばかりに目がいっていた時、ふと思い出した。

昨日は父の誕生日だった。

すかさずカカオトークで誕生日祝いのメッセージを送りながら
先週末楽しくウィスキーを飲んだ夜のことと、油絵を書くことに夢中な最近の父の事を想った。
そして、61歳にして毎日薬を飲んでいる父親が抱えている病のことを思い出した。

父は40代で心臓に大きな病気を患った。
運動をしている最中に突然倒れ、今でも心臓には人工弁が入っている。
大量の輸血と胸元にぱっくりとメスを加え、その後もかさぶたができづらいという
後遺症を抱えつつも、毎日薬を飲みながら家族で楽しい日々を送っている。
当時、集中治療室で管が体中に刺さりまくっている父の姿を見て
ぼくの母親が泣き崩れていたことを、多分当時は鼻でもほじっていた小学生のぼくは覚えている。
父曰く、病気を境に自分の人生は変わったと言っている。

何を持って神なるものとするか、何を持って美しいとするかというのは
宗教観、倫理観、時代、様々な要素が絡まり合って形成されるもので
それこそそれは生き物であってなかなか捉えどこのないものなのだろう。

ぼくは正直、自然の流れに逆らうことはあまりしたくないと思うタチである。
時はきっと来ると信じているし、自分から無理なダイエットとかもしない。これは違うか。

ただ、アンジェリーナさんしかり、ぼくの父しかり
自分の死生観を考えること、乗り越えることを契機に
それを次なる生のステージの活力源にする人間の姿は
ある種の美しさの形なのだろうなと、思ったのである。
今もなおチクタク動いている父の人工弁の音を思い出せば
なんだか強く生きる人間のエネルギーと努力に
何を歯止めをかける必要があるのだろう、とか思うのであった。

ぼくの考えも、経験とともに変わっていくのだろうか。
今後の経過を楽しみに、ということでここに記録。

みなさんは、どう思うでしょうか。

最後に。アッパさん、誕生日おめでとう。芸術家になってください。

15 Comments

  1. トリーバーチ シューズの中に、ラバーシューズの人気が超高く、海外セレブにも愛用者 が多く、今期大注目の製品です。

  2. I¡¦ve recently started a site, the information you offer on this site has helped me greatly. Thanks for all of your time & work.

  3. Thank you a lot for sharing this with all people you really understand what you’re speaking approximately! Bookmarked. Kindly also discuss with my website =). We can have a hyperlink exchange arrangement between us!

  4. You’ll find some attention-grabbing closing dates on this write-up however I don’t know if I see all of them middle to heart. There is some validity but I’ll take hold opinion until I look into it further. Excellent article , thanks and we want far more! Added to FeedBurner as nicely

  5. I do enjoy the way you have framed this specific situation plus it really does supply us a lot of fodder for consideration. Nonetheless, because of what I have personally seen, I simply just trust when the actual feed-back pack on that people today continue to be on issue and in no way embark upon a tirade regarding some other news of the day. Still, thank you for this superb piece and although I do not agree with the idea in totality, I value the standpoint.

  6. I take pleasure in the comments on this weblog, it really gives it that community feel!

  7. www

    burning off your stability and believability. Invalid details are a key problem that is discovered largely in content submitted on disreputable article publication sites. See the guidelines of your article listing. You must recognize that you have diverse guidelines for distribution for

  8. They know these articles will be copied from your article site and used by hundreds or even thousands of other people all the while getting their name and resource box links spread all an out the internet!

  9. A daybed is a couch that can be used as a sofa by day and a bed by night. It is usually designed as a long backless chair that is used for reclining during the day and can be slept on at night with the addition of a blanket and pillow. A futon is more of a sofa that has the ability to be easily converted into bed.

  10. Have a professional appraisal and home inspection done before even considering purchasing a piece of real estate. If their is a home on the land, you will want to know about any problems or defects in the house ahead of time. This can save you lots of money and headaches down the road.

  11. This type of writing is relatively easy to do if you have any sales experience. However, article content (for article marketing purposes) is supposed to be objective and neutral when it comes to company promotion. Article content is of a different quality than web content; whereas web content is largely promotional, article content adheres to the basic rules of journalism and or self-help and DIY guides.

  12. Another manipulation technique is acquisition of inbound links. Now, every time you combine your website link to other social sites, they produce special links to your web pages that directly land a visitor onto that page. These are known as Back links also. When back links are generated from respectable sources, they enjoy higher rankings due to the popularity of the link generating site. As a result, these extra links give your website some very appreciable traffic (visitors). ‘Link farming’ is a manipulation method through which you buy links for your site from other places. The fact is that somebody else has already established a bunch of well ranked back links. All you do is buy link(s) from the party and combine them to your website. While the concept of back links remains the same, the manner of directly acquiring a well indexed back link without having to work for it is the only difference.

  13. Which is better, SEO (marketing) or Advertising? That is a question that I often get from people who are trying to get traffic to their site. It’s a good question.

  14. • Depends on ETL process

コメントを残す