‡記録 ‡vol.32

世の中が皮肉なものばかりだな、と感じるのは
ぼくの目が皮肉を見ようとしているからであって
あいだみつお的に言えば
「美しいものを美しいと言えるあなたの心が美しい」
わけで
主観と客観の問題は常につきまとうわけですが
やっぱりぼくは世の中、皮肉なもんだなと感じることが多い。

“計画性”について。
セレンディピティというコトバがあるが
これは計画を持って動いた人たちが放つべきコトバなのだろう。
自分の身に訪れる予想だにしなかった幸運・運命の巡り合わせは
自分が描いていた計画の範疇になかったことだと感じるからこそ
まさしくシアワセというコトバの成り立ちのごとく
その事象が幸運なモノゴトの”仕合わせ”た結果だと認識する。
主体的に生きる上で、計画性を持って生きることは欠かせない。
偶然の産物を貴重だと捉える感性の根底に
“計画性”があって然るべきだと考えると
なんとも皮肉なもんだと思うのであった。

兎にも角にも、”計画性”は重要である。
なんて保守的で、なんて遅いんだコレに気付くの。
最近、自分は発育障害なんじゃないかと思うくらいである。

コメントを残す