◇ ちょっとピンぼけ ◇

この邦訳タイトルでGOした編集者に敬意を払いつつも
英題の Slightly out of Focus というフレーズが
読み終わった後になんだかジワジワ気に入り始めています。

敬う先輩から課題図書として薦めてもらったんですが
こんなにものめり込んで読んだのも久々というくらいに
戦場のスリルと恋のロマンスの描写に完全ノックアウトされました。

たぶんあれは小学3,4年生頃の夏休み、家族でソウルに帰省し
母方の実家で亡き祖父の話をした時だったと思う。
新聞社の写真部で記者を勤めていた祖父の話をしながら
祖母が朝鮮戦争の時代のモノクロの写真を
幼いぼくに見せてくれたことを鮮明に覚えている。
血が流れているホンモノの写真なんて
映画だとかの世界でしか見たことがなかったから
そりゃとにかくびっくりしたんだけど、幼心に
「爺ちゃんは”戦争”てモンを前に生死の瀬戸際で仕事してたんだ!!」
っていうスリルとか、男らしさとか、ともかく
多くの男の子が感じたことがあるあの戦場カメラマンへの
”カッコいいなぁ”て感情を強く抱いたことがきっかけで
ぼくはその後の人生でMAGNUMの写真集を数冊買って
「世界ではこんなことが起きちゃってんのか!!」て感じながら
なかなか眠れない夜を過ごした青年期があったものでした。

ぼくがこの本を読みながら何が楽しかったかって
ともかくキャパの生き方そのものなんだけど。

それとは別に、フォトジャーナリストとか写真記者に
今求めらていれることってなんなんだろうって、考えを巡らせてみた。
当時は”そこにいる力”というか、誰よりも早くその瞬間を切り取ることで
誰も見えなかった世界を写真機で見えるモノに変えるところに
価値が生まれていたんだろうけど
今はなんだか、情報に溢れているからなぁ。
みんながみんな、記者になりえる世界のようでもあるし。

よく言われることだけど、こんな写真やらテキストやら
インスタントな情報に溢れる世界で必要になるのは
断片的な情報を紡ぎ合わせて広い意味で”編集”する力、とか
物語を紡ぐ力なのかなぁ、なんてことを思いました。

ところで活字が苦手なぼくにとっては
普段の何気ない会話の中で敬う人や好きな人から
課題図書を薦めてもらうということがとっても有り難い。
映画と音楽に関しては自分でも進んで
色々新しい世界を切り開く気になるんだけど
如何せんこの人生で活字を避けてきたせいで
そもそも土地勘すらないのだ。
どっち方面を読みたいんですとか
そういうのすら、よくわかんなかったりするほどなのだ。

東京にいながらもこうして本を読んだり映画を見たり
音楽を聴いたりして旅を続けましょう。えっさえっさ。

コメントを残す